04月01日

高級ホテル

今年、東京主要ビジネス地区で、
42棟、延べ床面積約22万坪(約72.8万?)の
新築ビルが竣工します。その内、大規模再開発ビルは
「赤坂Bizタワー」と「丸の内トラストタワー本館」の2棟になります。

近年、世界の名だたる高級ホテルチェーンが
東京ビジネス地区へ続々と進出しています。
そのほとんどが再開発物件に開業しました。

11月に竣工する「丸の内トラストタワー本館」には
シャングリ・ラ ホテル&リゾート】が開業予定です。

シャングリ・ラとは桃源郷(山々の奥地にある静寂な隠れ里)の意だそうです。
ランカウイ(マレーシア)やフィジー等のリゾートにも展開している
シンガポール発祥のアジアを代表するホテルです。
http://www.shangri-la.com/jp

東京駅を挟んでトラストタワーの並びにに建つ
「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」には
フォーシーズンズホテル 丸の内 東京】が2002年にオープンしました。

フォーシーズンズといえば椿山荘が有名ですね。
フォーシーズンズ香港(2005年開業)からの港町は感動の眺望です。
http://www.fourseasons.com/jp/marunouchi/

汐留には2005年に「東京汐留ビルディング(ソフトバンク本社が入居)」が竣工し
ヒルトン姉妹で有名なヒルトンホテルグループブランドの
コンラッド東京】があります。

実はヒルトングループの運営ではなく
MT&ヒルトンホテル?(森トラスト?100%出資)が東京で運営するホテルです。
ミシュランガイド東京2008で5ッ星に選ばれました。
http://www.conradtokyo.co.jp/

三越本店がある日本橋室町では三井不動産の再開発「日本橋三井タワー」に
マンダリンオリエンタル東京】が2年前に開業しました。

黒色を基調とし、
37階からの眺望を楽しめるジェットバス&サウナのスパがすばらしい。
世界初の公式6ッ星ホテルに選ばれたそうです。
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/


マンダリンオリエンタルと同じく香港のホテルチェーンである
ザ・ペニンシュラ東京】が昨年、日比谷パークビルヂング跡にオープンしました。

とても特徴のある概観で、
外資系ホテルで建物1棟まるごとというのは数十年ぶりだそうです。
http://tokyo.jp.peninsula.com/


六本木の新しい顔となる昨年の大規模再開発【東京ミッドタウン】には
ザ・リッツ・カールトン東京】が東京に初進出しました。

もともとパリで100年以上もまえの1898年に開業した
ホテル・リッツから歴史は始まります。
日本進出は大阪が初で3年前から営業を開始しています。
http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Tokyo/Default.htm


と、たくさんの高級ホテルが誕生しました。
しかしながら、なかなか宿泊しようと思われない方が、
特に都内で勤務される方の中では多いと思います。

そこで!この機会に記念日などでお泊りしてみてはいかがでしょうか!

そこには非日常的なセレブリティあふれるな空間があり、
素敵な体験ができることと思います。
何気なく流して見ていた町並みも、また違って見えてきます。

あなたはきっとすばらしいツアーガイドとなって
奥様や彼女をもてなすことができるでしょう。
またお子様もぜひご一緒してください。

やさしいホテルマンがお子様もセレブにしてくれます。
少々料金が掛かりますが、お金には代えられない家族の思い出。プライスレス

                                          新橋支店 T.T

2008年4月 1日 10:51 | 再開発| トラックバック (0)

04月04日

春ですね。

東京では桜もピークを過ぎた感がありますが、
このシーズン、くしゃみ、鼻水の止まらない私にとっては
そちらのピークが早く過ぎて欲しいと祈るばかりです。

今さら桜の話も何ですが私たち新宿支店の入居する
新宿センタービルからは新宿御苑の桜が望めます(小さくですが・・・)。

プロ野球のセリーグも開幕して
神宮球場のライトも望めます。新宿の高層ビルの辺りにも
新入社員らしきフレッシュな人たちも増え、
何だか街が明るくなっているイメージを受けます。

何だか暗いニュースも多い中ですが、ちょっと視点を変えれば
「毎日、何かが変化しているところだなぁ、東京は。」と感じます。

私たちのオフィス仲介の仕事は
そんな街の変化に少なからず影響を与えている仕事だと
ふと思うときがあります。

新入社員のような前向きな気持ちで
日々の仕事に改めて臨みたいと思う私です。

前向きな気持ちになっても花粉だけは・・・。
マスクとティッシュだけは手放せない日が続きそうです。
                      
                                <S.K>

2008年4月 4日 08:11 | 小話| トラックバック (0)

04月07日

4月

こんにちは!久しぶりのブログです。

4月!この季節は、なんといっても入園・入学・入社の季節ですよね。
真新しい制服姿の子供達や、スーツ姿の初々しい若者達の姿を見かけます。
不安をかかえながらも希望を持ち表情が爽やかで、
堂々と歩いているように思えます。
少なくとも遠い昔、私もそんな時代があり懐かしくなります。

それからもう一つ、忘れていけない花見の季節でもあります。
この季節になると、街路樹や公園の桜の花が満開になり
時折花びらが舞い落ちてきてとてもきれいです。
夜になると花見の宴会で盛り上がり、とてもにぎやかな一夜です。

花の命は短いけれど、精一杯みんなの心を癒してくれます。
私は一年の中でこの季節4月が一番大好きです。
でも花粉症の方には辛い季節ですよね、ごめんなさい・・・     新宿支店 E.N


2008年4月 7日 09:01 | 小話| トラックバック (0)

04月10日

春ですね

暖かくなりました。というより暑い!日もありますね。

前回、日本の空の色のことを書きましたが、ちょっと前まで寒かったのに、、、
この日本、ちょうどいい気候の時期はないのか?!
桜も散ってしまいましたが、みなさんお花見はされましたか?
季節行事は毎年欠かさず行なうように心がけましょう。。。

千鳥が淵には見物客の行列が出来ていました


ところで、私の勤務地の八重洲エリア、
先日、これからの再開発状況の資料をいただいたので見ておりましたが、
いたるところで開発があるのですね。

東京駅前という事で、古くからオフィスエリアになったため、
今となっては古いビルが多くなっています。
反対側の丸の内・大手町は大きくまとまった土地ばかりなので
開発はしやすいのでしょうね。
私のいる中央区、なんとかがんばってほしいと思います。

                                         京橋支店M.T

2008年4月10日 10:35 | 再開発| トラックバック (0)

04月18日

アジアンカフェ

こんにちは。

先週に引き続き崩れやすいお天気ですが、4月も中旬に入り、
昼間はコートなしで過ごせるくらい暖かくなりました。
カフェ巡りが趣味の私にとってこの時期は嬉しい限りです。

普段行くカフェはいつもケーキがメインなのですが、
先日は、アジアンカフェ「pepacafe FOREST」に行ってきました。
場所は、井の頭公園内の高台にあり、店内からの眺めは緑一色で
森の中(FOREST)の名にピッタリのカフェです。

タイをはじめとしたアジア料理で、ランチタイムは1,000円ほどで
タイの味を満喫できるランチセットが楽しめます。
美味しくてヘルシーでお薦めです。


学生時代を過ごしていた吉祥寺も、ここ数年、特に駅前の開発が進み、
大型ビルが立ち並びました。

暮らすにはますます便利になりましたが、都会の喧騒を忘れ、ホッと休息したい時、
オープンテラスで公園を渡る気持ちいい風にあたりながらのおいしいランチは、
心もお腹も満たされると思うので、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

ワンちゃんもOKなので、公園をお散歩がてら愛犬も是非ご一緒に・・・
                                                 
                                           神田支店Y.I

2008年4月18日 13:12 | 評判のお店(お薦めのお店)| トラックバック (0)

04月21日

八重洲の由来

4月も後半、めっきり暖かくなってきましたね。
みなさんもそろそろ上着を羽織らずにランチへ・・・なんてことがあるのでは?


本社で働く私は昼食を食べに八重洲地下街の飲食店に足を運ぶことがあります。
事務所のビルを出て数十歩なのでほとんど外に出ることもなく辿り着けます。
まさに上着いらずです。


この八重洲地下街、行列が出来る店もあったりとかなりの賑わいをみせております。

そんな賑わいをみせる一角に少々不気味なこの像
誰だか分かりますか?

像のモデルはヤン・ヨーステンという名のオランダ人。
ではなぜこの像がここに???

1600年、豊後(現大分県)沖で難破したのが縁で日本に住みつき
やがて徳川家康の信を得、屋敷を与えられた所が現在の八重洲だとか。
(でも本当に屋敷があった場所は現在の丸の内らしい)


ヤン・ヨーステン・・・・ヤン・ヨーステ・・・・ヤン・ヨース……ヤヨース・・・
八重洲がヤエスと呼ばれるようになったのは、
「ヤン・ヨーステン」の名前にちなんだものなのです。

この話、私は高校の日本史の先生から聞いたことがあります。

八重洲の地名の由来がオランダ人の名前だったなんてなんだか不思議ですよね。

ちなみにこの像は東京駅八重洲地下街の
センタースポットと呼ばれる一角にあります。
みなさんも本社に足を運ぶ際にはぜひ、チェックしてみて下さい。

八重洲通りに、平和の鐘と記されたモニュメント
1980年日蘭修好380周年を記念して建てられたもので
ここにもヤン・ヨーステンのレリーフがあります。

ここにある平和の鐘は午前9:00〜午後21:00の間、
毎時0分になると自動演奏されます。
私もこの鐘の真下で音を聴いてみることに・・・・


かなりの音響。

うん、やはり遠くから聴こえてくる音色を楽しむのがよさそうです。
なおこの鐘はカロヨンの鐘の技術では世界的に定評のある
オランダのロイヤル・アイスバウツ社によって製作されたそうです。


古いビルが多いイメージがあった八重洲・京橋・日本橋エリアも
今や東京駅八重洲口に代表される再開発が着々と進行中。
そんな中、様々な歴史を感じさせてくれる
モニュメントを探し歩くのもなかなか素敵なことですよね。


本社Y.Kの昼休みレポートでした。

2008年4月21日 14:05 | 小話| トラックバック (0)