06月06日

HAWAII!!

みなさまこんにちは。

少し前の話しになりますが先日のゴールデンウィークを利用して
ハワイに行って来ました!

今回は、ホノルルがある『オアフ島』とハワイ諸島最大の島
"Big Island"が愛称の『ハワイ島』へ訪れました。

訪れた場所は

【日立の樹】
みなさん一度は耳にしたことがある
「この〜木なんの木きになる木〜♪」日立のCMで有名な樹
名称を『この木なんに木』ではなく・・・『日立の樹』といいます。
モンキーポッドという品種で樹齢はなんと約130年だそう。
高さ約25メートル、幅約40メートル、胴回り約7メートルの
とても大きな樹です。
オアフ島にあるモアナルア・ガーデン内にあります。


【ダイヤモンドヘッド】
山頂へは約1kmの道のりで、往復1時間から2時間程度です。
この日はお天気がとってもよく山頂へ辿り着く頃にはへとへとに
なってしまいました。
それでも山頂から一望した景色は最高にキレイでした。

【名門イルカ大学ツアー】
野生のイルカの群れとシュノーケリングが出来るツアーに参加してきました。
この日は雨女発揮のあいにくのお天気で朝から雨が降っていたのですが
海に入ればどうせ濡れてしまうので決行になりました!
写真がなくて残念なのですが無事イルカの群れと泳ぐことが出来ました!
イルカだけではなく野生のウミガメも気持ち良さそうに泳いでいてとっても可愛かったです。

そしてオアフ島から飛行機に乗りハワイ島へ移動
今回の旅行で一番楽しみにしていた》
【ハワイ島星空・火山満喫ツアー】
途中コナコーヒーミュージアム、ウミガミがいるプナルウ黒浜海岸に立ち寄りました。

ウミガメを間近に見ることができます。

そしてお待ちかねの溶岩ウォーク!
1960年代から現在までに流れ出た溶岩流の上や溶岩トンネルを歩いて
火山活動を肌で感じてきました!

夜からはマウナケア山頂で星空ツアーのはずが・・・
山頂に雪が残っていてそこまで行く道が封鎖してしまいました・・・。
気分を取り直して場所を移しキレイなサンセットが見える場所へ
サンセットをバックにジャンプ写真をパチリ!

星空も違う場所で無事鑑賞することができ、しっかり星座の勉強もできました。

ハワイ島は都会的なオアフ島と全く雰囲気が違い自然溢れる島で、
今回行けなかったマウナケア山頂をリベンジしにまた訪れたいです。

最後にハワイで食べた


日本でも有名はウルフギャングのTボーンステーキ!
迫力満点!!ジューシーで美味しかったです。


大好きなアサイーボウル!!


ハワイ島で飲んだアサイースムージー
すごい色ですが味はGOOD!!


サーフラナイのピンクパレス・パンケーキ
ピンク色がとっても可愛いパンケーキでした。


エッグスシングスのパンケーキではなく、バナナクレープ!
甘いものは別腹なのでいくらでも食べられそうです!


帰国する前、最後に空港で食べたハンバーガー。
ボリューム満点!!

ハワイは気候もよく、ハワイの人たちはとっても温かくて
また訪れたいなぁと思いました。

Mahalo!!
(ハワイ語でありがとう!!)

新橋支店 Y.K

貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2017年6月 6日 14:00 | 小話| トラックバック (0)

06月13日

シロツメクサ

先月、出かけた際にパーキングエリア横の公園一面にシロツメクサが咲いているのをみかけました。

思わず、「なつかしい〜」と一言。



小学生の頃、友だちが住んでいる団地の前にシロツメクサの絨毯があり黙々と摘んで花冠をよく作りました。女の子なら誰でも経験ありますよね♪

そこで、花冠作りに挑戦してみました!
意外に覚えているものですね。
感覚がよみがえってきてステキな冠ができましたよ。


娘の髪にも。


でも残念ながら今回は四葉のクローバーは見つかりませんでした。


季節の花を見に行ったりするのが好きですが、今年は4〜5月に見られるチューリップやバラを見に行きそびれてしまったので、今度は秋の花を見に出かけてみたいです。

今が見頃の紫陽花もステキですね。



梅雨のジメジメを感じるようになりとても嫌な季節になってきましたが、

季節の変わり目なので皆さん体調管理に気をつけてくださいね。


J・N

貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)


2017年6月13日 14:00 | 小話| トラックバック (0)

06月19日

フリーペーパー

皆さんは最近、街中でフリーペーパーを手にされましたか?
フリーペーパーが沢山出始めた頃はよく手に取ったけれど、
最近ではそんなに気に留めたことはありませんでした。


しかし、娘とコンビニへ出かけたある日。
コンビニの入り口付近でよく見かける “ご自由に” と書かれたラックから
「これ!!」と娘が手にとってきたものがありました。
「ボノロン」という名の絵本でした。



さっそく家へ持ち帰り娘に読み聞かせてみました。
作者を見てみるとあの不朽の名作・『北斗の拳』の作者である原哲夫さんがプロデュースされています。

ボノロンの本のテーマは「死(命)。読み聞かせ絵物語です。


「読み聞かせ絵ものがたり」とは

わかりやすくお話を伝える、日本の民話のようなもの。

お母さんやお父さんが子供の顔を見ながら、

その反応を確かめながら読めるお話です。


「 読み聞かせ絵ものがたり「森の戦士ボノロン」 | セブン銀行 」
http://www.sevenbank.co.jp/support/bonolon.html

内容については 「困る→ボノロンが助ける→ハッピー」 と毎号ワンパターンではあります。
4歳になる娘には少し難しい内容なのかも知れませんが、、、
でも娘は可愛らしいボノロンの絵に引きこまれながら、一生懸命聞いてくれます。
毎回これでもかというくらい、あの手この手で泣かせにくるので、
読んでいるうちに私のほうが涙を必死でこらえています。(笑)

短いお話ではありますが、読み終わるとホッと幸せな気持ちになれるとても感動する絵本です。
小さいお子様がいるご家庭では是非お勧めです。


J・N


貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2017年6月19日 00:00 | 支店のこぼれ話| トラックバック (0)